ナゾラーランド

何度も命を落としかけながらも、勇敢にも魔王ワーロックを倒した真の勇者。
再び旅にでた彼は、その途中で、"とある国の姫様がさらわれた≠ニの噂を耳にする。
彼がその国を訪れ、国王に話を聞いたところ、
姫は、悪魔の妖術師"デーモン≠ノさらわれ、暗黒の洞窟魔城に監禁されて居ると言う。
「ユウシャトシテ ヒキサガル ワケニハ イカナイ。」
彼は、前回の教訓を生かし、短剣を片手に装備し、準備を万全にする。
そして、真の勇者は、再び命を賭けた探検をする為に、洞窟魔城へと旅立った。

「MOMOKO姫を救え!」ナゾラーランドより。


ナッツ&ミルク

ぼくには魔法のおまじないがあるんだ。
ピンチになったらそのおまじないを唱えて、まんまと切り抜ける!
だからぼくはいつも安心安全。

今日もぼくはお出かけ中、こわいお兄さんに見つかった。
このあたりを2人組でウロウロしている、こわいお兄さん。
魔法のおまじないを唱えればすぐに逃げられるけど、
ぼくだっていつまでも子供じゃない!
でもぼくは体が弱くてすぐに気を失ってしまうから
とてもケンカなんてできないよ・・・。
お兄さんが追っかけてきた!
ぼくはつまずきながらレンガ通りを走ったり、空き地の土管をくぐりぬけたり、
八百屋さんのハカリをジャンプ台代わりにして逃げまわった。
だけど運動音痴のぼくは、ツルが足にからまって転んでしまい、
とうとうお兄さんに追い詰められた!

「セ、セレクト」

あーあ。また魔法のおまじない。ぼくはお兄さんから逃げることができた。
やっぱりぼくにはこのおまじないがないとダメなんだ。
でもぼく、おまじないを使いすぎてどこに行くのか忘れちゃった。



- ナッツ&ミルク より 「50回目のおまじない」 -



忍者じゃじゃ丸くん

(殿「じゃじゃ丸、我が配下の中で最も優秀なそなたに頼みがある。」)
じゃじゃ丸「……って言われてここまで来たけど、なんだよこの廃屋は…。天井崩れかかってるし…。」
なまず「ははは良く来たな!じゃじゃ丸よ!姫はここだ!」
じゃじゃ丸「あ、なんだお前!姫を返せ!」
なまず「俺は"なまず&Pを返して欲しければこの俺を倒すんだな!…ただし、生きて俺の所まで辿り着けたらの話しだが」
"おゆき登場
じゃじゃ丸「うわ、お化けだ!くそー負けてたまるかよ!姫様!必ずお助け致します!」



あの四人にポジションを奪われ、俺達三人はバラバラにならざるを得なくなった。
「私は北極へ行こうと思うの。…寒い所だけど。あそこなら仲間も居るし、うっかり地震が起きても大丈夫だし…。」
…はは、この島はお前に何回も地震をおこされたよな…ピッコロ。
「僕はとりあえずこの島から離れて、どこかの街で暮らそうと思う。…ピーマンを克服できるような所へ。」
ポロリ…お前がピーマンを食べられる日は…一体いつになるんだろうな…。

「じゃじゃ丸はどうするの?」
ポロリが尋ねて来た
…俺は。
「国へ帰ろうと思う。」
この言葉に、二人は不思議そうな顔をして、こちらを向いてきた。
…当然の反応だ。今まで俺はこの島出身だと偽ってきたからな。
「今まで黙っていたが…実は…。俺"忍者≠ネんだ。」
そう言って俺は、もとの姿…"忍の姿≠ヨと変身した。
驚きの声をあげるピッコロとポロリ…すまんな、今まで騙して。
俺は任務の途中で、このにこにこ島へやって来て…つい居心地がよくて住み着いてしまった。
任務を放棄したんだ…御頭に殺されるかもしれない。
だが、仕方が無い。これ以上、この島へ留まる事はできないのだから。
「…じゃあな、達者で。」

忍者じゃじゃ丸くん

ピッコロ「じゃじゃ丸……。そうだったの。私も隠していたのよ。
     本当は私の故郷は北極じゃなくて南極だったの」
                  〜けっきょく南極大冒険〜

ポロリ「俺も本当はネズミーランドに帰らなきゃいけないんだ。
    権利がうるさいとか、金に汚いとか言われるけど、それは
    会社の話。俺自身は喰う為に卵業者のアルバイトさ」
            〜ミッキーマウス(ゲームウォッチ)〜


忍者ハットリくん

忍者ハットリくん「忍者は修業でござるの巻」

「父上の健康産業フェチにはまったく困ったものでござるな」

里からの便りには父親が最近購入したという健康器具についての批評やら薀蓄やらがつらつらとしたためてあった。
─これからの忍者には筋力トレーニングが肝要─
これがハットリ君の父ジンゾウの最近の持論である。
手紙には里に帰るようにあったが、それは息子の顔を見たいから、ではなく、単に新式トレーニング器具を自慢したいだけであることをハットリ君は知っていた。

「にんともかんとも・・・」
お決まりのセリフを吐きはしたが、ハットリ君は里へ帰るつもりであった。父親の自慢に付き合うのはうんざりだが、故郷の食事が恋しくなっていた。
父親は抜かりなく伊賀のチクワを大量に用意してあることを手紙に書いていたのである。

また、里に帰るもう一つの大きな理由としてケムマキの存在があった。彼は最近誤って大量の惚れ薬を飲んでしまい、ハットリ君への悪質なストーカー行為を連日繰り返していたのだ。
里へ帰ることはケムマキからの逃避のためにも、疲れきった精神と肉体の休息のためにも必要であった。

ケンイチ氏に挨拶をすませたハットリ君は、弟のシンゾウ、獅子丸とともに夜の明けないうちに足取り軽く伊賀の里へ向かった。

ストーカーケムマキ率いる甲賀軍団と大量のチクワと新型ダンベルを用意した父親が待ち構えていることも知らずに・・・。



伊賀忍者ハットリ。彼は幼少の頃より不治の病により病弱な生活を余儀なくされていた。
里の医術でもその病は治る気配を見せず、ハットリの病を治すことは困難を極めていた。

それから数十年・・・ハットリは病と共に生きながらもわずかな希望を日々携えていた。
その一方でハットリの従者シンゾウ。そして犬神の化身シシマル。両者は密かに里を抜け出し
ハットリの病に効果のある医薬を探し続けていた。

その快もあってか甲賀の里に伝わる「竹輪」というものがいかなる病をも治す秘術を秘めているという噂をきき
シンゾウとシシマルは老衰しきったハットリを甲賀の里に連れ出し「竹輪」を共に手に入れるために行動を開始する。

だが、甲賀の里は伊賀の宿敵。その道のりは険しい。甲賀の英雄ケムマキ。猫神の化身カゲチヨ。そして
甲賀の「竹輪」を守護するために陣取る甲賀忍者、メカ忍、そして「竹輪」の守護神服部陣蔵

伊賀の忍者ハットリ、そして甲賀の「竹輪」の守護神服部陣蔵、、そこに秘められた怨念の謎、、、
ハットリは自らの病を克服できるのか・・・そして父親である服部陣蔵の存在に訪れる現実を受け入れることができるのか・・・・

齢霞かかるともしびの命の炎は霧の氷雨とともに淡い風の中で揺れる柳の如く命枯れるその瞬間の魂は無情を生む・・・・・・・


ぬ〜ぼ〜

ぬ〜ぼ〜

おとぼけでぷくぷくしててぷにぷにしてる癒し系のα波を放つ
森○製菓のキャラクター"ぬ〜ぼ〜
愛くるしい彼のキャラクターから、彼に関連した商品の売上は上々だった。

遠い未来。長引く不況の煽りを受け。
大手企業"森○≠ェ製菓の部門から撤退する事となった。
森○関連の工場からは、様々な物が引き揚げられていく。
 「おい!この黄色くてデカイヘンテコな奴。どうすればいい?」
 「…粗大ゴミでいいだろ。」

日本列島の片隅にあるゴミ埋め立て地。
そこに"ぬ〜ぼ〜≠ヘ居た。
彼は自分は何故そこにいるのか理解できなかった。
数日経ち、ゴミで出来た島に一人佇むぬ〜ぼ〜は、
彼の生みの親である森○製菓の人々が恋しくなった。

/  ・       ・ ヽ oO(……………おうちかえらなきゃ)

ぬ〜ぼ〜は、とにかく帰ろうとした。本来自分があるべき場所。"森永製菓≠ニ言う名のお家へ。
こうして、ぬ〜ぼ〜の"帰宅≠ヨの旅が始まった。
この旅が、終わりの無い果てしない旅であるという事は、彼だけが知らずにいる。
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット