PSPから見るSCEと久夛良木の歴史: 2007年8月

2007/08/06 PS3内蔵自動車

GiGAZiNE
アメリカでPS3を搭載したロボット自動車を開発する試みが行われているそうです。成功すれば無人で遠隔操作もなしに自動運転できる車が登場するとのこと。
ちなみにPS3を採用した理由は、搭載されているCPU「Cell」に強力な処理能力があるからとされています。

アメリカ国防総省防衛高等研究計画局(DARPA)が主催しているロボット自動車のレース「DARPA Urban Challenge 2007」に参加するAxion Racingというチームが、今年はLinuxがインストールされたたPS3を搭載したロボット自動車で参加するとのこと。

以前GIGAZINEで2259台のPS3と地球シミュレータの処理能力がほぼ等しいということを取り上げましたが、どうやらPS3の処理能力をゲーム以外の用途で活用しようという動きが活発になってきているようです。

インタビュー
"We felt having cars drive themselves was getting a little too easy, so we threw the Sony PlayStation into our bag of tricks," joked Kehaly.

「車を自動運転させるのが簡単になりすぎてしまったから、一切合切をPS3に任せてみたのさ」 本気なのかそうでないのか微妙なところ。

ついに本物が登場
Engadget
持ちで遊べるエミュレータゲーム機としてはそれなりに優秀なソニーPSPに、今度はニンテンドーDSのエミュレータが登場しました。作者はPSP用YouTubeビューアPSPTubeも公開している「Sofiya猫」さん。PC用のDSエミュDeSmuMEを移植したもので、自作ソフトウェアが動く「解放PSP」用のバイナリ・ソースがダウンロードできます。

再現性については、作者いわく「あくまでも、PSPで動かすと、どのくらいのもんだろうという実験的なものです」。DSエミュレータはPCでさえ完全にはほど遠いため無理もありませんが、速度や再現性を云々する段階ではなくとりあえずのコンセプト実証という位置づけになっています(質問も受け付けていないとのこと)。PSPにDSの画面が表示されるだけでおもしろいという方はDS用の自作ソフトかなにかで試してみるのがお薦めです。
まだまだ実用には程遠い段階ではあるがこれにてPSP大勝利!

三洋、ソニーに引き続き 松下のリチウムイオン電池も回収となる。
松下電器産業の全額出資子会社、松下電池工業(大阪府守口市)が携帯電話端末世界最大手のノキア(フィンランド)向けに製造した携帯電話用リチウムイオン電池に発熱する恐れがあるとして、松下電器は全世界で無償交換に踏み切りました。交換する電池の数は4600万個にものぼります。その費用は200億円以上ともみられており、経営にも大きな影響を与えそうです。

現段階では、リチウムイオン電池にとって代わるような小型・高出力の2次電池は実用化されていません。三洋、ソニー、松下の大手3社で世界シェアの6割以上を占めているだけに、日本企業の威信をかけた安全性確保が求められているといえます。
最終的にリチウムイオン電池の安全性そのものに疑問符がつく形となった。
ただ、今のところ松下製リチウムイオン電池が爆発した例はない。

2007/08/27 企業努力

新型PSPのCM

重さでゲーム機を選ぶ人など居ない。

2007/08/27 PS3に録画機能

PS3がHDレコーダーに
ソニーは8月第4週,ゲーム機「PlayStation 3(PS3)」に「PlayTV」というアドオン製品を導入することで,デジタル・ビデオ録画(DVR:Digital Video Recording)を可能にする機能を追加すると発表した。この発表により苦境にあるPS3が,同様に低迷している米Microsoftの「Xbox 360」を追い抜き,販売を急増させる可能性が出てきた。

このアドオンを導入すると,Xbox 360では不可能な生テレビ番組の視聴,一時停止,録画がPS3で行えるようになる(MicrosoftはXbox 360向けインターネット・テレビの提供計画を発表済みだが,詳細な機能についてはまだ公表していない。

ソニーによると,PlayTVは2008年初め,まず英国とフランス,イタリア,ドイツ,スペインで利用可能となり,同年後半にほかの国々へ展開するという。同アドオンには2個のハイビジョン(HD)チューナが付属し,標準画質にも対応する。携帯用ゲーム機「PlayStation Portable(PSP)」の遠隔プレイ機能を利用すると,PSPからWi-Fi経由で放送中のテレビ番組を視聴/録画できる。

ソニーはこの発表を,ドイツのライプチヒで開催されたテレビ・ゲーム・カンファレンスで行った。同カンファレンスには,約20万人のゲーム愛好家が訪れた。さらにソニーは,2008年までに全世界で1100万台のPS3を出荷する計画も明らかにした。
HD画質で録画すると、20ギガバイトのHDDは1時間で埋まる。

2007/08/28 PS3Homeの現状

鳴り物入りで登場したPS3Homeの 潜入レポート
First off, let's talk about what's missing from the beta. "None of the new features or areas outlined at E3 have made it into the beta. None," said the tester. That includes transition from Home into other games (e.g. Resistance), no trophy room and no new lobby. "Sony also had a monthly roadmap of improvements/features/places they were going to implement but have not followed it," said the tester. "Home has had one update since launch."

On the positive side of things, voice chat is said to work very well, as do the game's physics and the variety of facial customization. "The features that are in home do work well. All the games are fun to play and promote communication," said the tester.

We don't know how indicative the report is, if at all, on Home's ability to launch this year, or if there is even another, even more exclusive beta with the new features included. What we saw at E3 looked good, but unfortunately we were unable to see it with multiple people in the same space.

まず第一に、βで導入されてないことから話しましょう。
「2007年E3で概説されたような新機能や新エリアは何一つβには導入されていない。」
それはHomeから他のゲームへ移行する機能や、トロフィールーム、新ロビーもだ。

「Sonyは改良、新機能、新エリアの月間ロードマップを提示したが、それらは守られていない」
「Homeはβ開始からたった1回しかアップデートされていない」
うまく機能しているのはボイスチャットだけだ。

我々がE3で見たものはすばらしかった。しかし残念なことに、我々は同じスペースで複数の人々を見ることが出来なかった。 昔私が参加してたFantasy4Uという超マイナーオンラインげー(結局日の目を見ぬまま消えた)のクローズドβですら、もっとまともな運営だった。

2007/08/29 またrootkit

ソニー製USBメモリにまたもや rootkit
F-Secureは米国時間8月27日、ソニーの「Micro Vault USM-F」USBメモリ付属のソフトウェアにrootkitが混入している、と同社ブログへの書き込みで述べた。 Sony BMGの失態を覚えていない方のために説明すると、rootkitとは、特定のファイルやプロセスの存在を隠し、ユーザーがコンピュータ上で特定の作業をできなくするツール。Sony BMGは、自社アーティストの作品の不法使用を防ぐ目的でrootkitを利用したが、ユーザーのシステムに侵入すると攻撃者が悪質なソフトウェアを隠せるようになる副作用発生の可能性もあった。

F-Secureによると、ソニーのMicro Vault USBメモリ付属の指紋読み取りソフトウェアは、「c:\windows\」下で特定のディレクトリを隠すドライバをインストールするという。その結果、ファイルやサブディレクトリの数をカウントするときに、このディレクトリと、そのなかのファイルがWindows APIで見えなくなる。

この指紋読み取り機能が新たなセキュリティ対策目的で設計されたことを考えると、何とも皮肉なことである。

F-Secureのブログへの書き込みには、「Micro Vaultソフトウェアがこのフォルダを隠すのは、指紋認証の改ざんや回避を防ぐのが目的だと思う。しかし、ここでrootkitのような偽装テクニックが適当だとは思わない」とある。

同セキュリティベンダーはさらに、2005年のSony BMGのrootkit問題発生時はrootkit入りの悪質なソフトウェアが普及していなかった、とも指摘する。しかし、2年前からはrootkitの偽装テクニックを組み込んだ悪質なものが多数出てきている。
誰か「反省」という言葉を教えてあげた方がいいと思います。

発売当日に収録されていないことが発覚したみんなのゴルフ5のフリー対戦新リアル形式がようやく搭載。
139 名前:名無しさん必死だな 本日のレス 投稿日:2007/09/02(日) 10:41:15 x9TK0gxs0
>いよいよ発売時に出来なかった(笑)フリー対戦が開始です!

>しかしフリー対戦中に相手のショットが見られません
>さらにフリー対戦中に相手とチャットも出来ません
>そしてフリー対戦中に相手のID(ハンドル)も表示されません

>現状は各自が黙々とプレイした後、一行コメントするだけです
>すでに投げ売り状態で、対戦中にどんどん相手がリタイアします

>『PS3』 みんなのGOLF 5 価格 3,791円 (´;ω;`)
http://item.rakuten.co.jp/gamenavi/4948872730112/ なんというやっつけ仕事。
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット